株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > 初心者でもわかりやすい基礎から学べるマーケティングセミナー

初心者でもわかりやすい基礎から学べるマーケティングセミナー

3C分析でビジネス環境の分析を行なう

市場に対するマーケティング戦略を模索したり、再定義する際には3C分析を用いたりすることが多いです。
また3C分析を行うことで、自社の企業レベルや事業部のレベルといったものを知ることができます。
3C分析では、事業を行なうビジネス環境での、成功となる要因を引き出すことを目的と定め、Customerでは、市場の変化に加えて顧客の需要の変化を把握することができるでしょう。
Competitorは、競合の企業が市場や、顧客の需要といったものの変化に対して、どのような対応をしているのか知ることができます。
また、Companyでは市場や顧客の需要の変化に、いち早く対応をし、競合となる企業の対応を見守りつつ、自社が成功となる要因を見出すことができると言えるのです。
また、初心者の方においてはマーケティングで3C分析を行なうのは、どのような目的を持ってするのかを明確にしておくことで、よりピンポイントで明瞭な分析を行なうことができるでしょう。

市場での変化や影響に着目する

マーケティング自体が初心者の方が3C分析をする際には、顧客分析に重点を絞ることが大切になります。
顧客分析を行う際にポイントとなってくるのが漠然と人物層を想定するのではなく、年齢や性別、住んでいる地域、家族構成などのデータを基準とし、属性を決めることが大切でしょう。
次に、市場規模と成長性の分析が必要です。
その方法には、政府や自治体が提出している資料や、リサーチデーターを使用するのが便利なことが言えます。
初心者が市場規模の分析を行う際に、着目するポイントとしては、自分の会社が将来的に事業を継続していっても、十分な大きさの市場規模であるか見極めることが大切になってくるのです。
顧客の真の需要を知るためにも、直接店舗等を訪問して意見に耳を傾け、ターゲットに近い年齢層にアンケートやインタビューを行うことが求められます。
また、顧客の需要を把握すると共に、購買の意思決定に繋がる過程を理解することも求められる能力でしょう。