株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください
大阪 マーケティング スマイルマーケティング ホーム > コラム > マーケティングリサーチと市場調査違いとメリットについて

マーケティングリサーチと市場調査違いとメリットについて

マーケティングリサーチは市場調査とは異なる

マーケティングリサーチとは、現状だけでなく今度の市場の方向性や動向、予測などを分析して考察することを言います。
市場を検証すると言っても良いでしょう。
ビジネスを行うときに過去や現在のデータを参考にして、今後の方向性を考えますが、そのデータを数値にするために行われるのが市場調査です。
そして数値にするためには、公的機関などが公表している統計学も必要になり、年齢や性別、職業などの顧客のデータも必要になってきます。
時には飲食業やサービス業が顧客の場合、第三者の目からみた現状把握のために、覆面調査を実施することもあります。
決められた場所に行き、素知らぬ顔でその店舗を調査するのです。
市場調査は、様々な方法を組み合わせて行われます。
段階としては、製品がまだ完成していない段階や、試作品ができた段階、現状を確認し改善を図りたいと考えるときに実施されるものなのです。

顧客が求めているものを探り将来を見据えた対策

どのようなものが欲しくて、今の製品に満足しているかどうかのアンケートを実施したとします。
このようなものが欲しい、満足している等の回答をもとに、顧客がどのようなものを欲しているのかをリサーチし、今ある製品よりも優れたもの、顧客が欲しがるものを開発することで売り上げがアップすると考え、そこまで行うのがマーケティングリサーチです。
また方法として、試供品、テスターを用意して、顧客の感想から新製品の改良点などを探ることもあります。
さらにパッケージについての意見も集め、デザインや色遣い、材質について、顧客が今何を求めているのかを知ることができるのです。
そして製品が販売された時は、売り上げを観察して、宣伝イベントや広告などの搬送や、どのような人たちが購入しているのか、地域によって売り上げがどう違うのか等も調査し、その結果で全国販売する際の対策を考えます。