株式会社スマイルマーケティング

大阪 マーケティング マーケティングセミナー スマイルマーケティング
サイトマップ
ご質問など、お気軽にお問い合わせください

コラム

マーケティングの最終目的は「お客様に商品を買ってもらう」ことです。学ぶこと自体を目的にするのではなく、良いマーケティングを実践できる人になることを目指しましょう。

・・・つづきはこちら

顧客分析はマーケティングの基本です。「よい商材であれば、必ず売れる」という考えは企業側のエゴでしかありません。まずは、ターゲットを絞って効率的にアプローチすることが大切です。

・・・つづきはこちら

マーケティングの基礎的フレームワークはいろいろありますが、その一つがSWOT分析です。他のフレームワークとともに、用途別に使い分けて実践すると大変役に立ちます。

・・・つづきはこちら

マーケティングに欠かすことができない手法のひとつにベネフィットがあります。今では当たり前の手法ですが、これを分析し上手く活用することで、驚くほど売り上げが上がるでしょう。

・・・つづきはこちら

ストーリーマーケティングという方法をとることで、一方的ではない双方的なマーケティングを行えるかもしれません。自社や自社サービスのブランド化も期待できるでしょう。

・・・つづきはこちら

競合他社も含めたポジショニングを把握することによって、具体的にどう戦略を練ると良いのかが見えてきます。ポジショニングマップも活用してください。ポジショニングは基礎の基礎です。

・・・つづきはこちら

ある程度の規模でビジネスを行っている企業なら、プロダクトアウトやマーケットインにも注目していることでしょう。マーケティングを考えるうえでとても重要で、メリットもたくさんあります。

・・・つづきはこちら

マーケティング手法の中にあるのはブランディングです。これを成功させると、会社や商品名を社会的にも認知されますし、相当な強みになります。かなり重要なものですから戦略を練りましょう。

・・・つづきはこちら

今や、マーケティングを行っていない企業はないくらいですが、セグメンテーションは特に重要です。セグメンテーションを的確に活用してデータを細分化することで、成果を挙げやすくなります。

・・・つづきはこちら

マーケティングにおいてセグメンテーションは重要視されるものですが、市場細分化基準はいくつかに分かれています。それぞれに意味があり、目的によって使い分けましょう。

・・・つづきはこちら

デモグラフィック変数は様々な人口単位別の職業や性別データなどを分析でき、サイコグラフィック変数では心理的なデータを分析できます。要素の組み合わせ次第で最大限に効果を発揮します。

・・・つづきはこちら

マーケティングミックスは4Pと呼ばれるマーケティングにおける必須概念です。これをもとに戦略を考えると具体的で実践的な営業手法を見つけ出せるでしょう。優れたフレームワークです。

・・・つづきはこちら

マーケティングで大事なことは「なぜ買ったのか?」を振り返ることです。マーケティングがわかるビジネスマンは、その視点こそがマーケティングの勉強のコツであることをよくわかっています。

・・・つづきはこちら

ロジカルシンキングはマーケティングに大いに役立つスキルです。これを鍛える事によって販促活動にも役立ちます。なぜ?と問い続けることで、ロジカルに物事を考えられるようになります。

・・・つづきはこちら

マーケティングの役割とは商品を広く周りの人々や法人に知ってもらうことです。一方、ブランディングの役割とは、周りがあなたに抱くイメージを正しくもってもらうことです。

・・・つづきはこちら

マーケティングでは差別化を図るほかに専門分野に特化するという部分も必要となってきますが、儲かる可能性の高いマーケットやターゲットを絞り込むことも差別化には必要です。

・・・つづきはこちら

マーケティング戦略の基本はターゲットを絞り込んで販売するマーケットを極力絞り込んでいくことです。範囲を広げてしまうと結局成果には繋がらないので拡大には注意しましょう。

・・・つづきはこちら

マーケティングと販売はどちらも欠かせないアプローチです。しかし販売だけを行っても顧客の心は動かせないのでマーケティングで先回りして消費者の購買意欲を掻きたてると良いでしょう。

・・・つづきはこちら

マーケティングというと営業を行うビジネスマンが行うものだと認識している人も大勢います。しかしそうではなく、事務作業をしている人であっても、知っておくことによって貢献できるでしょう。

・・・つづきはこちら

一見するとマーケティングはとっつきにくいものに思えますが、かなりシンプルに構成されていることに気付くでしょう。ロジックを理解することによってマーケティングに詳しくなれます。

・・・つづきはこちら

マーケティングを完璧にマスターするのは至難ですが、少しわかっておくだけでも、恩恵を得ることができるでしょう。ライバルに差をつけたいビジネスマンであれば勉強してください。

・・・つづきはこちら

マーケティングは商品の開発にはあまり必要ないと考えられることもあります。しかし、マーケティングを行いそれを活かすことで、より売れる商品が作れるので、もっと重要性を理解したいです。

・・・つづきはこちら

過去の事例を参考にマーケティングを学ぶことで、未来が見えてくるかもしれません。マーケティングがどれだけ重要かということも、過去の成功&失敗事例を見ることで分かります。

・・・つづきはこちら

マーケティング視点を身に着けることで行うべき戦略が見えてきます。さらには仕事に対するモチベーションもアップするはずです。4Cや4Pなどの視点に基づいてビジネスをチェックしましょう。

・・・つづきはこちら

マーケティング戦略の立て方は難しいようで意外と単純かもしれません。自分なりにマーケティング戦略を立てることで、それを仕事で活かすことができ、様々な場で優位に立てます。

・・・つづきはこちら

バイラルマーケティングのように消費者が消費者に伝えるという方法は、企業が直接的に介在していないので、好感が持たれやすいです。しかしメリットばかりではなくて、デメリットもあります。

・・・つづきはこちら

マーケティングにおける色彩心理学とは、色の持つ意味を理解した上でマーケティングに活用し、さらに効果を生むことです。そこには知っていると役に立つ色の秘密がたくさん隠されています。

・・・つづきはこちら

ペルソナとは、深い人物設定を行った上で、商品の開発段階からコミュニケーション戦略まで一貫して活用します。開発労力や時間の無駄を防ぎ、コミュニケーションにおいても相乗効果が生まれます。

・・・つづきはこちら

マーケティングの仕事に資格は必要ありませんが、取得することで得られるメリットは意外と大きなものです。資格を取得する際はマーケティングの仕事に役立つか否かを見極めることも大切です。

・・・つづきはこちら

AIDMA(アイドマ)の法則は、認知段階・感情段階・行動段階の3つのステップで構成される消費者の心理プロセスで、マーケティングプロモーションにおいて広く活用されています。

・・・つづきはこちら

マーケティングで注目したいのが戦略と戦術です。前者は作戦を、後者は武器を意味します。作戦に見合った武器を使わないと損失を生みます。戦略は起業の目標ですが戦術は社外秘のものです。

・・・つづきはこちら

マーケティングオートメーションとは人手によらず煩雑な作業を自動化する試みです。真に成果を出す運用のためには、管理側が相応の理解と知識を持ち、適切にマネジメントを行うことが大切です。

・・・つづきはこちら

市場調査は、現在の市場データから、どうすれば売れるのか等の作戦を立てることを言います。そして、作戦を実践し、儲け続けられるような仕組みを作るのがマーケティングです。

・・・つづきはこちら

マーケティングを行う上で、重要になるのが市場分析能力です。初心者ならば、まず3CのCustomerの顧客、Competitorの競合、Companyの自社から知る必要があります。

・・・つづきはこちら